2002年08月17日

圧縮フォルダ2

対応形式を決める

次に決めなければならないのは対応形式です。
統合アーカイバ・プロジェクトには様々な形式に対応したDLLがあります。
中には普段ほとんど見かけないような形式もあります。
TabFolderは別に専用アーカイバではないので、あまり多くの形式に対応しようとは思いませんでした。
と言うことで、まずは一般的に多く使用されているLHA、ZIP、CABの3つに対応させる事から始まりました。
使用DLLはUnlha32.dll、7-zip32.dll、Cab32.dllです

ZIPに7-zip32.dllを使用する理由は通常のZIP対応アーカイバより圧縮率が高く、これ1つで圧縮解凍ができるからです。
(Unzip32.dllは解凍専用、圧縮にはZip32.dll、Zip32J.dllを使用)
何より私が1番使いたかったDLLであるということもあります。

仕様決定と開発開始

さて実際にTabFolderに組み込むとなると、まず仕様を決めなければならない…はずなのですが、実はもうほとんど固まっていました。
Plus!を入れると使用できるようになる(Me,XPでは標準)圧縮フォルダです。
あれをそのままTabFolder内に取り込んだようなものが目標です。

いよいよ開発にかかるわけですが、実は統合アーカイバ・プロジェクトのDLLは以前からインストールしていましたが、 SDKなどを読んだ事は一度も無く(w…まずドキュメントを読むことから始めました。
基本(多分(w)となるUnlhaのドキュメントをざっと読み終えて思った事は…まさに「至れり尽せり」と言った感じです。

あまりアーカイバとは関係ないちょっとしたツールでも、なぜかこのDLLを使った圧縮・解凍機能が付いていたりしますがこれで納得できました。
posted by T.M at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TabFolder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圧縮フォルダ2

対応形式を決める

次に決めなければならないのは対応形式です。
統合アーカイバ・プロジェクトには様々な形式に対応したDLLがあります。
中には普段ほとんど見かけないような形式もあります。
TabFolderは別に専用アーカイバではないので、あまり多くの形式に対応しようとは思いませんでした。
と言うことで、まずは一般的に多く使用されているLHA、ZIP、CABの3つに対応させる事から始まりました。
使用DLLはUnlha32.dll、7-zip32.dll、Cab32.dllです

ZIPに7-zip32.dllを使用する理由は通常のZIP対応アーカイバより圧縮率が高く、これ1つで圧縮解凍ができるからです。
(Unzip32.dllは解凍専用、圧縮にはZip32.dll、Zip32J.dllを使用)
何より私が1番使いたかったDLLであるということもあります。

仕様決定と開発開始

さて実際にTabFolderに組み込むとなると、まず仕様を決めなければならない…はずなのですが、実はもうほとんど固まっていました。
Plus!を入れると使用できるようになる(Me,XPでは標準)圧縮フォルダです。
あれをそのままTabFolder内に取り込んだようなものが目標です。

いよいよ開発にかかるわけですが、実は統合アーカイバ・プロジェクトのDLLは以前からインストールしていましたが、 SDKなどを読んだ事は一度も無く(w…まずドキュメントを読むことから始めました。
基本(多分(w)となるUnlhaのドキュメントをざっと読み終えて思った事は…まさに「至れり尽せり」と言った感じです。

あまりアーカイバとは関係ないちょっとしたツールでも、なぜかこのDLLを使った圧縮・解凍機能が付いていたりしますがこれで納得できました。
posted by T.M at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TabFolder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002/08/17

やはりVectorに送ると(以下略)
posted by T.M at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月16日

圧縮フォルダ

TabFolderで開いてくれない(TT

ごてごてと色々な機能の付いた多機能を謳うソフト。
個人的にあまり好きではないのですが結局付けることにしました。
圧縮フォルダ、要するにアーカイバの機能です。

正直あまり乗り気ではありませんでした。
圧縮ファイルを扱うなら専用のツールが星の数ほどあります。
なぜ今更TabFolderの機能として追加しようと思ったのか…

アーカイバ専用ツールには、解凍後にそのフォルダを開く機能が大体あります。
問題はその機能にあります。ほとんどエクスプローラで開いてしまいます。

別にTabFolderを指定して開いてくれというわけではありません。
TabFolderをフォルダに関連付けしていればそちらで開いて欲しいということです。
駄目なんです。関連付けをしてもエクスプローラで開いてしまいます。
内部でエクスプローラを指定してしまっているのでしょう…

結局TabFolder内で処理するしか…

いろいろ試しましたが、良いと思うものに限ってエクスプローラが指定されてしまっていました。
結局TabFolderで開くにはTabFolderの機能として追加するしかないと言う結論に至りました。

とは言えお気に入りのアーカイバツールがあって使わない人もいるでしょう。
なのでTabFolder本体の追加を極力減らすためにDLL使用型の形を取る事にしました。
DLLはいわゆる統合アーカイバ・プロジェクトのDLLです。

DLLの使用を決めたのはTabFolder自身にあまり機能を詰め込みたく無かったのもありますが、7-zip32.dllの存在が大きかったと思います。
以前トップページでも書いたように私はZIPの圧縮に7-Zipを使用しています。
その7-Zipの圧縮・解凍の機能を扱えるのはかなり魅力がありました。
posted by T.M at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TabFolder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年08月14日

こだわり

戯言

使っている人にはどうでも良い事ででしょうが、前述のカスタマイズ性も含めコンセプトというかこだわりのようなものも一応あったりします。

没個性なUI

まあ基本的にメニューや操作はエクスプローラに合わせて、余り違和感無く使用できるようにしているつもりです。
位置なども極力同じになるようにしています。
タブ周りのメニューに関してはDonut系のブラウザ(Pに1番近いというよりそのままと言う話も(w)のそれ+ファイラ固有の機能という形にしています。

あまり自己主張しない

大抵のWindowsアプリケーションではタスクバーに
ソフト名 - [ドキュメント名]
となりますが(中には設定可能なソフトもあります)TabFolderでは
パス名 [TabFolder]
になっています。

これはタブ型となのにドライブ毎に違うウィンドウで開くという変わった?仕様なので、複数起動されることもあります。
タスクバーもその分占有してしまいます。幅が狭くなることもあるでしょう。

そんな時に左側にTabFolderなんて表示していると、パス名が見えなくなってしまう場合もあります。
それでこのような表示になっています。
さらに幅が狭まっても分りやすいように、アイコンもシステムから取得したドライブなどのアイコンを表示しています。

それでは一見してTabFolderが起動しているのかどうか分らないと思うかもしれませんが、別にそれで構いません。
タスクバーを占有するからには何と言うソフトが起動しているのかではなく、何のためのソフトが起動しているのかが分る方が良いと思っています。
ドライブのアイコンとパス名が表示されていれば、それがファイル関連を扱うソフトというのがすぐ分ると思います。

隙間まで使う

ステータスバーは本来状態を表示するためにありますが、TabFolderでは表示しているアイコンに他のウィンドウ並の機能を付加しています。
あの小さいアイコンにドラッグできたりメニューが出るとはあまり思わないでしょうが(^^;;
他にもフィルタの切り替えやタイトルバーをダブルクリックでウィンドシェードなど、機能を持っていないスペースはほとんどありません。

楽に使えるように

名前の変更で表示されるダイアログ(要設定)の表示位置はファイル毎に違います。
正確にはダイアログのエディットコントロールの位置と、リストビューのファイル名のウィンドウ位置を合わせています。

できるだけ視点を移動せずに使えるようにと思っているのですが、おそらくほとんど意識している人はいないとでしょうね(^^;
中にはあまり使われるかどうかもわからないので、結局ヘルプにすら乗せていない機能もあったりします。

例えばドラッグ中にTabFolderのウィンドウ上で逆のボタンをクリック (要するに両方のボタンが押された状態にする)すると、そのTabFolderのウィンドウが1番下になります。

他のアプリケーションにファイルをドラッグする場合を考えてのことですが、便利なのか不便なのか微妙なところなのでヘルプには載せていません。
くだらないことと思われるかもしれませんが、まあこんな感じ(どんな感じだ(w)で開発を進めています。
posted by T.M at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TabFolder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。